PR

【服の断捨離】ミニマリストの私服を制服化するコツ5選。着ない服を手放して、大好きな服だけ残す

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
この記事は、こんな人におすすめです。
  • 昔着てた服が中々捨てられない
  • 服装選びにかける時間を減らしたい
  • いらない服を断捨離して収納をスッキリさせたい
リョウ
リョウ

こんにちは、リョウ(@ryou_inkyo)です。

少ないモノとお金でミニマルに暮らしています。

「昔着てた服が中々捨てられない…服を断捨離するためには、どうすればいいんだろう?」と、悩んでいませんか?

以前の私は着なくなった服でも捨てるのがもったいなくて、中々手放すことができませんでした。

私服を制服化することで着なくなった服を手放し、毎日自分が大好きな服だけ着るようにしています。

そこで今回は、「ミニマリスト私服を制服化するコツ5選」を紹介します。

私服を制服化するコツが分かれば不要な服を断捨離することができるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

私服の制服化とは?

私服の制服化とは、「毎日同じデザインの服を着続けること」です。

学校の制服のように同じ服を着続けることから、「私服の制服化」と呼ばれています。

私服の制服化をすると「どの服を着ればいいのか?」という「決断疲れ」が無くなり、脳のパフォーマンスの低下を防ぐことができます。

ケンブリッジ大学の研究によると、人は1日に約35000回も決断しているそうです。

ミニマリストの人は、いらない服を断捨離して他の大切なことに集中するため、「私服の制服化」をしている人が多いです。

リョウ
リョウ

Apple創業者スティーブジョブズや、Facebook創業者マークザッカーバーグも生産性を上げるため、「私服の制服化」をしていたそうです。

ミニマリストの私服を制服化するコツ5選

シーズン毎に着る服を決めておく

「春はこの服」「夏はこの服」など、シーズン毎に着る服を決めておくことをおすすめします。

あらかじめ着る服を決めておくと、季節による衣替えで何を着るか迷わずに済むからです。

具体例として、私がシーズン毎に着る服は以下の通りです。

春➡薄手のパーカー+半袖シャツ

夏➡半袖シャツ+半ズボン

秋➡ウルトラライトダウン+セーター

冬➡厚手のフリース+ウルトラライトダウン+セーター+マフラー

冬場は持っている服を重ね着することで、防寒しています。

助手
助手

それでも私は服が好きだから、オシャレを楽しみたいんだけど…

リョウ
リョウ

そういう場合は、シーズン毎にお気に入りコーデを3パターンだけ残しておくのがおすすめです。

オシャレを楽しみつつ、ムダな服を減らして私服を制服化することができます。

私服を制服化したい人は、シーズン毎に着る服を決めておきましょう。

シンプルなデザインで統一する

私は無地の白・黒をベースにした、シンプルなデザインで統一しています。

流行に左右されず、飽きがこないので長く着ることができるからです。

白・黒をベースにしたシンプルな服
服のベースカラーは白 or 黒で統一

派手な柄物は合わせるのが難しいのと、年齢によって段々着なくなると思います。

無地の白・黒といったシンプルなデザインなら、他の服とも合わせやすいし年齢問わず着ることができます。

私服を制服化をする場合は、なるべくシンプルなデザインにするのがおすすめです。

リョウ
リョウ

シンプルな無地の服は、他の服と組み合わせるときも合わせやすいです。

本当に好きな服だけ残す

私は自分が長く着たいと思う、「本当に好きな服」だけを残しています。

なぜなら、デザインが良くても着心地が悪かったり、他人の目線を気にした服は結局着なくなるからです。

20代の頃はファッション雑誌に載っているような、3万ぐらいするレザーのジャケットと履きにくいスキニージーンズをカッコいいと思って無理して着ていました。

昔着てた服のイメージ画像
昔着てた服のイメージ画像

しかし、着心地が悪い服・見栄を張るために買った服は、自分に合わず長く着ることはできません。

結局、最後まで手元に残ったのは着心地が良くて管理が楽なユニクロの服です。

「私はこの服じゃないとダメなんだ」と言えるような、本当に好きな服だけを残すのがいいでしょう。

リョウ
リョウ

自分が大好きな服なら、毎日着ててもまったく飽きません。

なるべく丈夫な素材を選ぶ

私服を制服化する時は、なるべく丈夫な素材の服を選ぶのがおすすめです。

同じ服を何度も洗濯することになるので、丈夫な素材じゃないとすぐヨレてしまうからです。

特に肌着は洗濯回数が多いので、丈夫なものを選びましょう。

私のおすすめは「ユニクロのクルーネックTシャツ」です。

これまでヒートテックやエアリズムなど試してきましたが、ユニクロのクルーネックTシャツは生地が厚くて作りがしっかりしています。

愛用のユニクロ「クルーネックTシャツ」。長く着てても首元がよれない
愛用のユニクロ「クルーネックTシャツ」。長く着てても首元がよれない

普通のTシャツは1年も着れば首元がよれてしまいますが、ユニクロのクルーネックTシャツは首元がよれないので本当に丈夫です。

何回洗濯してもよれにくい、丈夫な素材の服を選ぶことをおすすめします。

リョウ
リョウ

なるべく生地がしっかりした、丈夫な服を選びましょう。

維持・管理が楽な服にする

私服を制服化するなら、維持や管理が楽な服をおすすめします。

毎日着る服が手入れの大変な服だと、服の管理で時間やお金を失ってしまうからです。

例えば毛皮のコートやレザージャケットなどは、自宅で洗えずクリーニングが必要です。

洗濯の度にクリーニングに出していたら、お金も時間もかかってしまいます。

それよりも、自宅で洗えてラフに扱える服のほうがいいでしょう。

服を買うときはデザインだけでなく、自宅で洗えるかどうかを確認してから買いましょう。

リョウ
リョウ

洗濯が面倒な服は、管理が大変です。

私の場合、服はすべて自宅で洗濯できるものだけにしました。

まとめ

この記事では、「ミニマリストの私服を制服化するコツ5選」を紹介しました。

当記事のまとめです。

まとめ
  • 「どの服を合わせるか」迷わないで済むよう、シーズン毎に着る服を決めておく
  • シンプルなデザインで統一することで、年齢問わず長く着続けることができる
  • 他人の目線を気にした服ではなく、自分が本当に好きな服だけ残す
  • 洗濯回数が増えるので、なるべく丈夫な素材の服を選ぶ
  • クリーニングが必要な服より、洗濯機で洗える服だと管理が楽

「服装選びにかける時間を減らしたい」

「いらない服を断捨離して収納をスッキリさせたい」

そんな方の参考になれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
断捨離
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました