PR

【家電の断捨離】一人暮らしのミニマリストに必要な家電・不要な家電を紹介

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
この記事は、こんな人におすすめです。
  • ミニマリストの人は、どんな家電を持っているの?
  • 一人暮らしに必要な家電と、不要な家電が知りたい
リョウ
リョウ

こんにちは、リョウ(@ryou_inkyo)です。

月の生活費5万円以下で、ミニマルに暮らしています。

「一人暮らしするときに必要な家電って何だろう?」と、悩んでいませんか?

私は杵築市のアパートにバックパック1つで引っ越したので、最初に持っていた家電はスマホとノートPCぐらいです。

家電がない状態でしばらく暮らしてみて「冷蔵庫が無いとやっぱり不便だな…」と、必要に感じたものだけを1つずつ買い揃えてきました。

ほとんど家電がない生活をした経験から、「一人暮らしに必要な家電」「別になくても困らない家電」が分かりました。

この記事では、「ミニマリストの一人暮らしに必要な家電・不要な家電」を紹介します。

「一人暮らしに必要な家電が分かれば、無駄な家電を買わずに済む」ので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

ミニマリストの一人暮らしに必要な家電

冷蔵庫

1年ぐらい冷蔵庫なしで生活してましたが、必要に感じて買いました。

冷蔵庫を購入した理由は、以下の通りです。

冷蔵庫を購入した理由
  • 食材は少量ずつ買うより、大量に買ったほうが安い
  • 作り置きができないため、毎食料理する必要がある
  • 保存が効く食材だけだと、食べるものが制限される
  • 食材が保存できないので、毎日買い物に行くのが面倒

中でも特に気になったのが、作り置きができないことです。

作り置きができないと、毎回一人前の食事を作らないといけないので、かなり面倒でした。

いまは一度に3日分のご飯と味噌汁を作って、1食ずつ丸形のフードコンテナに保存しています。

作り置きしたご飯と味噌汁を温めれば食事ができるので、毎回料理する手間が省けてラクです。

冷蔵庫があれば作り置きができて、料理する手間が減って時短になります。

リョウ
リョウ

小型冷蔵庫ならコンパクトなので、キッチンに置いても邪魔になりません。

電子レンジ

冷蔵庫と併せて、電子レンジも買いました。

まとめて作り置きしたときに、温めるだけで食事ができるからです。

冷蔵庫+電子レンジがあれば、「まとめて作って保存する→食べるときに温める」ができて、毎回ご飯を作る手間が省けます。

電子レンジがあると調理の時短となって、自炊が捗ります。

リョウ
リョウ

電子レンジは西日本と東日本どちらでも使える、「ヘルツフリー」がおすすめです。

電動歯ブラシ

私はブラウンの電動歯ブラシを使っています。

電動歯ブラシで磨くと、歯磨き粉なしでも歯がツルツルになるからです。

小さい頃から歯磨き粉の味が苦手だったので、電動歯ブラシにしてからは一度も使っていません。

ヘッドは山形よりも丸形のほうが、歯の一本一本をしっかり磨けます。

電動歯ブラシがあれば歯磨き粉を使わなくても、綺麗に磨けるのでおすすめです。

リョウ
リョウ

歯磨き粉のピリピリする味が苦手で、ずっと我慢して使っていました。

電動歯ブラシなら歯磨き粉を使わなくても、歯がツルツルになります。

エチケットカッター

鼻毛や耳毛を処理するエチケットカッター。

エチケットカッターがあると、ハサミと違って数秒でムダ毛の処理が終わります。

ファッションに興味は無くても最低限の清潔感は欲しいので、こまめに手入れするようにしています。

リョウ
リョウ

エチケットカッターはUSB Type-C充電のものがおすすめです。
スマホなど他のガジェットと充電ケーブルが兼用できます。

電気毛布、電気あんか

暖房器具は、「電気毛布」「電気あんか」を併せて使っています。

他の暖房器具と比べて、圧倒的に電気代が安いからです。

1時間あたりの暖房の電気代比較 エネチェンジより
  • エアコン…約3.2円~45.9円
  • セラミックファンヒーター…約強37.2円/弱17.1円
  • オイルヒーター…約16.1円(10畳)/12.6円(8畳)/9.9円(6畳)
  • 電気ストーブ(ハロゲンヒーター)…約強(1200W)37.2円/弱(800W)24.8円
  • こたつ…約強3.7円/弱2.3円
  • 電気毛布…約強1.1円/8段階調節の「3」0.7円

私が使っている電気あんかは、1時間あたり約0.2円と激安です。

デスク作業をするときは上半身に電気毛布を巻いて、下半身を寝袋+電気あんかで温めています。

部屋全体を暖めるより、電気毛布など局所暖房のほうが電気代が安く済みます。

リョウ
リョウ

一人暮らしで使う暖房は、電気毛布+電気あんかの組み合わせが最も電気代を抑えられます。

IHクッキングヒーター

料理するときは、IHクッキングヒーターを使っています。

ガスコンロよりもIHクッキングヒーターのほうがメリットが多いからです。

IHクッキングヒーターを使うメリット
  • ガスコンロより掃除がラク
  • ガスを契約しなくても使える
  • 火事、ガス漏れの心配がない

ガスコンロだと掃除が大変ですが、IHクッキングヒーターだとサッと拭くだけで終わります。

「料理はガス火じゃないとダメ」という人以外は、IHクッキングヒーターのほうがメリットは多いです。

リョウ
リョウ

IHクッキングヒーターを使うときは、調理器具もIH対応じゃないと使えないので注意しましょう。

ミニマリストの一人暮らしに不要な家電

テレビ

一番いらない家電は、テレビです。

テレビがいらないと思う理由は、いくつかあります。

テレビがいらない理由
  • 放送を受信できるテレビを設置するだけで、NHK受信料が発生する(放送法第64条第1項より)
  • 部屋にテレビがあるとなんとなく観てしまい、時間を浪費してしまう
  • テレビを所有するとテレビ台やDVDプレーヤーなどが欲しくなり、モノがモノを呼ぶ状態になる

今の時代はテレビが無くても、スマホやパソコンで「AbemaTV」「TVer」といったネットTVが無料で観れます。

高いNHK受信料を支払ってまで、テレビを持つ必要はありません。

リョウ
リョウ

昔は必須だったテレビも、スマホやパソコンがあれば不要な時代となりました。

洗濯機

ミニマリストの一人暮らしなら、洗濯機は無くても大丈夫です。

洗濯物が少ないため、手洗いでもそんなに時間はかからないからです。

洗濯は「漬け置き洗い」してます。100均で買ってきたバケツに水と洗剤を入れて、1時間ぐらい放置するだけです。

すすぐのがちょっと大変ですが、毎日洗うのはシャツ・パンツ・タオルだけなので、5分もかかりません。

衣類が少ないミニマリストなら、洗濯機がなくても手洗いで十分です。

リョウ
リョウ

洗濯機は音がうるさいし、引っ越すときに処分が大変なので持たないようにしています。

掃除機

部屋の掃除をするときに、掃除機は使っていません。

掃除機よりクイックルワイパーのほうが使いやすいからです。

掃除機は重くて持ち運びが大変だし、なにより音がうるさすぎます。

クイックルワイパーは軽くて使いやすく、掃除機が出す騒音もありません。

ルンバやブラーバといったロボット掃除機も検討しましたが、故障やバッテリー寿命を考えると購入には至りませんでした。

重くて音がうるさい掃除機より、クイックルワイパーのほうが使い勝手が良いです。

リョウ
リョウ

フローリングの掃除は、クイックルワイパーが最強です。

炊飯器

生活に必須と思われる炊飯器ですが、私は持っていません。

普通の鍋やフライパンで、簡単にご飯が炊けるからです。

IH対応の28cm深型フライパンで、毎回3日分のご飯を炊いています。

ご飯を水に1時間ぐらい浸して、あとは強火で沸騰させた後に弱火で10分・蒸らし10分ほどです。

バイクで旅をしてたときは、毎日アルミクッカーとキャンプ用ガスコンロで炊飯してました。

最初は焦がしたりしますが、やってるうちに段々慣れます。

テフロン加工してあるフライパンなら、ご飯がこびりつかず綺麗に取れるのでおすすめです。

リョウ
リョウ

私が使っている「メガフッカ28cm」なら、5合ぐらいまとめて炊けます。

電気ケトル

以前にティファールの電気ケトルを使っていましたが、手放しました。

お茶やコーヒーを飲むとき、電子レンジでお湯が作れるからです。

コップ1杯のお湯なら、600Wで1分30秒ほど加熱すれば出来ます。

電子レンジがあれば簡単にお湯が作れるので、電気ケトルは不要です。

リョウ
リョウ

電子レンジを持っている場合、電気ケトルは無くて大丈夫です。

ドライヤー

隠居生活を始めてから坊主にしたので、ドライヤーは不要になりました。

トースター

トースターが無くても、フライパンがあればトーストは作れるので不要です。

加湿器

冬場の乾燥対策に加湿器を使ってみましたが、加湿しすぎて部屋中が結露だらけになりました。

6畳程度の広さなら加湿器じゃなくて濡れタオルを干すなど、他の方法で十分だと思います。

まとめ

この記事では、「一人暮らしのミニマリストに必要な家電と不要な家電」を紹介しました。

当記事のまとめです。

「一人暮らしのミニマリストに必要な家電と不要な家電」 まとめ

「ミニマリストの人は、どんな家電を持っているの?」

「一人暮らしに必要な家電と、不要な家電が知りたい」

そんな方の参考になれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
断捨離
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました