PR

【最強節約】家賃込み月3万円で生活する方法。倹約家ミニマリストの節約術まとめ

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
  • 月3万円で楽しく生活するには、どうすればいいの?
  • 貯金や投資するために、できるだけ生活コストを抑えたい
リョウ
リョウ

こんにちは、リョウ(ryou_inkyo)です。

ひと月あたり約3万円で暮らしています。

「家賃と生活費合わせて、1か月3万円で生活する方法はないかな…?」と、悩んでいませんか?

私は1年前まで月5万円で生活していましたが、生活のアップデートを続けて、いまでは月3万円ほどで生活できるようになりました。

家計簿の写真

そこで今回は、家賃込み月3万円で楽しく生活する方法」を紹介します。

この記事に書いてある節約術を実践すれば、月3万円で生活できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

家賃込み月3万円で生活する方法

家賃込み月3万円の生活費内訳

家賃込み月3万円の生活費内訳は以下の通りです。

家賃込み月3万円の生活費内訳
  • 家賃 14250円
  • 光熱費 1500円
  • 食費、日用品 10000円
  • 国民健康保険料 4000円
  • 合計 29750円

特に買い物がなければ、月の生活費は3万円ぐらいで収まります。

たまにkindleで本を買ったりするので、実際の生活費は3万円~4万円の間ぐらいです。

家賃 14250円

私は1年前から大分県杵築市にある激安アパートに住んでいます。

家賃は水道料、ネット使用料込みでたったの14250円です。

水道料、ネット使用料を加味して「家賃1万円アパート」なんて呼び方をしています。

私が1か月3万円で生活できるようになったのも、家賃が圧倒的に安いおかげです。

「たまたま掘り出し物の物件を見つけられたからでは?」と思われるかもしれませんが、杵築市には家賃1万円前後のアパートがたくさんあります。

私が住んでいるアパートと同じような物件が、SUUMOアットホームで検索すれば簡単に見つけることができるでしょう。

光熱費 1500円

光熱費は電気代だけで払っていて、月1500円ぐらいです。

水道代が家賃に含まれているのと、ガスは契約していません。

私が住んでいるアパートはプロパンガスで、都市ガスに比べて2倍近くします。

プロパンガスを使わずに生活できるようになったのが、節約面で大きなポイントです。

電気代はエアコンさえ使わなければ、いつも1000円台で済んでいます。

食費、日用品 10000円

食費と日用品は、合わせて月10000円ぐらいです。

以前は15000円ぐらいでしたが、土井善晴さんの著書『一汁一菜でよいという提案』を読んで食生活を変えたところ、毎月の食費が約半分になりました。

日用品は専用の物を別々に買うのではなく、なるべく兼用することで、消耗品にかかるランニングコストを抑えています。

保険、税金、年金 4000円

国民健康保険料が月4000円です。

国民年金と住民税・所得税は免除になっています。

高村友也さんが書いた『自作の小屋で暮らそう Bライフの愉しみ』によると、年収98万円以下であれば税金はほとんどかからないようです。

年収による税金の免除について
  • 年金…年収122万円以下で全額免除
  • 国民健康保険…年収98万円以下で7割免除
  • 住民税、所得税…年収100万円以下ならほぼゼロ

その他

通信費 0円(37円)

スマホの通信会社はpovo2.0を使っています。

基本料0円なので、トッピングオプションのようなもの)しなければ無料です。

180日に1回有料トッピングする必要があり、一番安いトッピングなら220円で済みます。

ひと月に換算すると約37円です。

娯楽費 0円

基本的に娯楽にはお金をかけません。

お金をかけなくても、無料で楽しめるコンテンツが世の中に溢れているからです。

私が一番おすすめしたいのは読書で、図書館に行けば大量の本を無料で読むことができます。

ほぼ毎日図書館に通っていますが、読みたい本が次々出てくるのでまったく飽きません。

読書によって新たな気づき、学びを得ることができて人生の役に立ちます。

交通費 0円

移動する際はバスや電車を使わず、基本歩きです。

単純に運動がしたいのと、歩きながらブログのアイデアを考えたりしています。

『脳を鍛えるには運動しかない』という本によると、ウォーキングなどの有酸素運動を週4回以上、30分~60分程度やると、うつ病の改善や集中力向上になるそうです。

図書館やスーパーへの移動を徒歩ですることで、毎日30分以上は歩くようにしています。

散髪代 0円

以前は1000円カットで散髪してましたが、今はバリカンでセルフカットしています。

寝ぐせや髪型を気にせずに済むので、慣れれば坊主のほうが楽です。

ドライヤーをかける時間が嫌いだったので、タオルで拭くだけですぐに乾く坊主頭は気に入っています。

投資の神様と呼ばれているウォーレン・バフェットも「本当に私は、この散髪に30万ドルを費やしたいだろうか?」と考えて散髪代を節約したそうです。(生涯の散髪代を投資にまわして、複利で運用した場合の話)

まとめ

この記事では、「家賃込み月3万円でする方法」について解説しました。

当記事のまとめです。

家賃込み月3万円で生活する方法 まとめ
  • 大分県杵築市にあるアパートなら、家賃1万円程度で住める
  • 光熱費はプロパンガスを契約しないことで、大きく生活コストを抑えられる。電気代はエアコンを使わなければ、月1500円ぐらい
  • 食事を一汁一菜にすれば、月の食費は1万円以下になる
  • 洗剤などの消耗品は他のものと兼用することで、ランニングコストが安くなる
  • 年金、保険、税金は年収98万円以下ならほとんどかからない。年金は全額免除でも半分は納めたものとして計算される
  • スマホの通信会社をpovo2.0にすると、ひと月あたり約37円で運用できる
  • 図書館など世の中には無料で楽しめるコンテンツがたくさんあるので、お金をかけなくても余暇時間を楽しむことができる
  • 移動に電車やバスは使わず、健康ためにひたすら歩く
  • バリカンでセルフカットすれば、一生散髪代はかからない

「月3万円で楽しく生活するには、どうすればいいの?」

「貯金や投資するために、できるだけ生活コストを抑えたい」

そんな方の参考になれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
節約術
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました