PR

【髪の毛を断捨離】ミニマリストが坊主頭にして感じた3つのメリット・デメリット【散髪代節約】

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、リョウ(@ryou_inkyo)です。

悩みがある人
悩みがある人
  • 坊主にするか迷ってるけど、実際どう?
  • 坊主で何か困ることってあるかな?

「坊主にしてみたいけど、自分生活に合っているかどうかが分からない…」と、悩んでいませんか?

そんな人に向けて、「ミニマリストが坊主頭にして感じたメリット・デメリット」を3つ紹介します。

この記事はこんな人におすすめです。
  • 坊主にするか迷っている人
  • 美容室に行くのが面倒な人
  • 散髪代を節約したい人

もし坊主頭にして自分の生活に合わなかったら、もとの長さに戻るのに時間がかかるので勇気がいりますよね。

この記事を最後まで読めば、坊主頭が自分の生活に合うかどうかが分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

坊主頭にした経緯

私が坊主頭にしようと思った経緯は、以下の通りです。

  • 水シャワーだと洗うのが大変
  • 散髪代を節約したかった
  • 床屋さんに行くのが面倒

私はガスなし生活をしているため、水シャワーで頭を洗うのが「冷たい」「泡立ちが良くない」などの理由で大変でした。

「水シャワーで洗髪するのに、少しでも負担を減らしたい」と思ったのが、1番大きな理由です。

坊主頭にして感じた3つのメリット・デメリット

メリット

バリカンでセルフカットすれば散髪代0円

セルフカットで使った道具
セルフカット用の散髪ケープとAmazonで買った安いバリカン

私は2カ月に1回ほど1000円カットで散髪していましたが、バリカンを使って自分セルフカットすれば0円です。

1回あたりは大した金額ではありませんが、年間約6000円かかっていた支出が0円になりました。

自由な生活を送るために少しでも支出を抑えたいので、良い試みだったと思います。

洗髪に時間がかからない

以前は洗髪に5分ぐらいかかっていたと思いますが、坊主だと洗うのも水で流すのも1分かかりません。

洗髪に時間がかからなくなったおかげで、水シャワーで頭を洗う負担が減りました。

ドライヤーなしで髪が乾く

ドライヤーをしなくてもタオルで拭いただけでほとんど乾くので、時短と電気代の節約になります。

ドライヤーをしている時間ってあまり好きではなかったので、嬉しい効果です。

デメリット

セルフカットだと髪の毛の処理が大変

セリアで買った「ヘアキャッチャー」である程度の髪の毛は受け止められるのですが、身体のあちこちに細かい髪の毛がついて洗い流すのが大変でした。

部屋でやると掃除が大変なので、細かい髪の毛を水で流せるお風呂場でやるのがいいと思います。

見た目がちょっと気になる

私は坊主にするのが人生初なので、ちょっと見た目が気になってしまいます。

外出時は帽子をかぶってカバーすることにしました。

夏場はいいけど冬場は寒そう

坊主だと夏場は涼しくていいのですが、冬場は寒いかもしれません。

どれぐらい寒いのかがまだ分からないので、状況に応じて防寒用のニット帽を用意しようと思います。

まとめ

この記事では、「ミニマリストが坊主頭にして感じたメリット・デメリット」を3つ紹介しました。

当記事のまとめです。

ミニマリストが坊主頭にして感じたメリット・デメリット まとめ

メリット

  • バリカンでセルフカットすれば散髪代がかからない
  • 洗髪に時間がかからないので時短になる
  • タオルで拭くだけで乾くのでドライヤーがいらない

デメリット

  • 細かい髪の毛が散らばってしまうので、セルフカットだと処理が大変
  • 坊主慣れしてないと、見た目が気になる
  • 夏場は涼しい反面、冬場は逆に寒く感じる可能性がある

「坊主頭ってどうなの?」「坊主にするか迷っている」そんな方の参考になれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
節約術
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました