PR

月額1000円以下で使えるコスパが良い格安SIMおすすめ3選【スマホ代節約】

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、リョウ(@ryou_inkyo)です。

・スマホ代を安く抑えたい

・コスパが良い格安SIMを探している

・自分の使い方に合った格安SIMを選びたい

月額料金が安くてコスパが良いSIMを探しているけど、どれにすればいいのか分からない…」と悩んでいませんか?

この記事を読めば、月額1000円以下のコスパが良い格安SIMの中から、どれを選べばいいのかが分かります。

なぜなら、実際に私も記事内で紹介する格安SIMを使って、スマホ代を月1000円以下に抑えているからです。

月々のスマホ代
家計簿アプリ「Money Forward ME」より

結論から先に言うと、私がおすすめする格安SIMは以下の3つです。

①mineo マイそく デュアルタイプ スタンダード 月額990円 ※筆者使用中

②HISモバイル 自由自在290プラン 7GB 月額990円

③日本通信SIM 合理的シンプル290プラン 1GB 月額290円

当記事では、月5万円で生活する節約好きな私が、コスパの良いおすすめ格安SIMを3つ紹介していきます。

リョウ
リョウ

コスパが良い格安SIMを使って、ストレス無くスマホ代を節約しましょう。

スポンサーリンク

月額1000円以下で使えるSIMカードおすすめ3選【スマホ代節約】

①mineo マイそく デュアルタイプ スタンダード 月額990円

1番おすすめしたいのは、私が現在使っているmineoの格安SIM「マイそく デュアルタイプ スタンダード」です。

mineo「マイそく デュアルタイプ スタンダード」をおすすめする理由は、1.5Mbpsデータ通信無制限で月額990円というコスパの良さです。

通信速度1.5Mbpsあれば、以下のことが可能です。

  • 音声通話
  • メール、メッセージ
  • LINE通話
  • ブラウザ閲覧
  • QRコード決済(PayPayなど)
  • YouTube視聴
  • Felica決済(Suicaなど)

私は外出先だと、ブラウザ閲覧やPayPayなどのQRコード決済ぐらいしか使わないので、問題なく使用できています。

mineo「マイそく」には、デメリットが大きく分けて2つあります。

  • 12時~13時は32kbpsまで通信速度が落ちる
  • 3日間で10GB以上使うと、速度制限がかかる

32kbpsの速度制限中は、ネット検索やデータを使うアプリはほとんど使えなくなります。

3日間で10GB以上利用時の速度制限は、普段使いでそこまでいくことはほぼ無いでしょう。

去年の8月からmineo「マイそく」を使っていますが、1度も3日間で10GBに達したことはありませんでした。

普段使いには困らないデータ通信が無制限で利用できて、月額1000円以下で使えるmineo「マイそく デュアルタイプ スタンダード」は1番おすすめしたい格安SIMです。

リョウ
リョウ

12時~13時の速度制限中は、あらかじめダウンロードしておいたkindleで読書タイムにしています。

ネットが使えないと読書に集中できるので、ほぼデメリット無しで運用できます。

↓2023/05/08現在。価格.comから申し込むと、契約事務手数料3300円が無料になります↓

②HISモバイル 自由自在290プラン 7GB 月額990円

「通信業界のLCC」の看板を掲げるHISモバイル。

HISモバイル「自由自在290プラン 7GB」をおすすめする理由は、他社と比較してデータ通信量が多いことです。

1000円前後のプランだと他社はデータ量3GB~5GBなのに対して、HISモバイルだけが7GBと頭一つ抜き出ています

また、前述したmineo「マイそく」にある通信制限などのデメリットもありません。

同じ月額990円のmineo「マイそく」と比べると

・12時~13時のお昼休憩中もスマホを使いたい

・外でもそれなりにスマホを使うけど、データ通信無制限は不要

こんな方には、HISモバイルの自由自在プラン7GBがおすすめです。

リョウ
リョウ

HISモバイルは、通話料が専用アプリ不要で30秒あたり9円という安さも魅力です。

③日本通信SIM 合理的シンプル290プラン 1GB 月額290円

日本通信SIM 「合理的シンプル290プラン 1GB」をおすすめする理由は、月額290円という価格の安さ。

「合理的シンプル290プラン 1GB」は、こんな人におすすめです。

・データ通信は家のWIFIを使って、外出先ではほとんどスマホを使わない人

・電話番号を持っておきたい人

・スマホ代を少しでも安く抑えたい人

「合理的シンプル290プラン 1GB」は月額290円という安さが売りですが、データ通信量が1GBしかありません。

なので、普通にスマホを使っていたら、すぐに通信制限がかかってしまいます。

自宅や会社でWIFI環境が整っていれば、そこまでデータ容量は必要なくなるので選択肢に入れても良いかもしれません。

リョウ
リョウ

日本通信は、通信会社がユーザーに対して無駄あるいは割高な料金を支払わせる「ブレケッジ」問題に取り組んでいます。

ユーザーに合理的なスマホ料金を提供する「合理的シンプル290プラン」は、日本通信の理念が象徴されたサービスだと思います。

まとめ

この記事では、月額1000円以下で使えるおすすめの格安SIMについて紹介しました。

当記事のまとめです。

通信会社mineo「マイそく スタンダード」HISモバイル「自由自在プラン7GB」日本通信「合理的シンプル290プラン1GB」
月額料金990円990円290円
データ通信1.5Mbpsデータ無制限

※12時~13時 32kbps速度制限あり

※3日間で10GB以上利用時、32kbps速度制限あり
7GB1GB
通話料30秒あたり10円
※mineoでんわ使用時
30秒あたり9円30秒あたり11円
3社比較表
・mineo「マイそく デュアルタイプ スタンダード」
・HISモバイル「自由自在プラン7GB」
・日本通信「合理的シンプル290プラン 1GB」

自分に合った格安SIMを選んで、毎月かかるスマホ代を安くしましょう。

コスパが良い格安SIMを探している方の参考になれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
節約術
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました