PR

【セミリタイアの聖地】大分県杵築市の家賃が安い理由。なぜ家賃1万円の賃貸が生まれたのか

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、リョウ(@ryou_inkyo)です。

悩みがある人
悩みがある人

杵築市ってなんであんなに家賃が安いんだろう?何か理由があるのかな?

「杵築市は、なぜあんなに家賃が安いんだろう…?」と悩んでいませんか?

そんな方のために、「大分県杵築市の家賃が安い理由」に関する記事を書きました。

リョウ
リョウ

この記事はこんな人におすすめです。

  • 杵築市へ移住を考えている人
  • 家賃が安い町を探している人
  • セミリタイア、Fireを目指している人

この記事を最後まで読めば、「杵築市は、なぜ家賃1万円の物件が多いのか?」が理解できるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

大分県杵築市の家賃が安い理由について

発端は約40年前の「テクノポリス構想」

約40年前に地方創生プロジェクトと位置付けされ、税制優遇や低利融資などを盛り込んだ「テクノポリス構想」が杵築市で始まりました。

杵築市は当時の日本を代表する大企業

  • 東芝
  • ソニー
  • キャノン

これら大企業の誘致に成功。

大企業の進出による雇用を生み出して、杵築市の経済を活性化させようとしたのです。

キャノンの工場進出を見込み、工場従業員用のアパートが建てられる

アパートの多くは2000年前後に、キャノンの工場進出を見込んで建てられました。

当初は計画通り工場従業員でアパートは満室となり、人口増加により経済が活性化し町全体が潤ったようです。

順風満帆に思えたところ、2008年を境に事態は急展開を迎えることとなります。

2008年「リーマンショック」に襲われ、大規模な派遣切りが行われる

2008年に起こった「リーマンショック」の影響により、「大分キャノン」「大分キャノンマテリアル」の2社は、全従業員12000人の1割に当たる請負・派遣従業員を1200人削減。

派遣従業員達は一方的に解雇を通告され、アパートから退去させられてしまいます。

最盛期は2500人いた派遣従業員も、500人まで落ち込んでしまったとのことです。

派遣従業員用に残されたアパート群

キャノンの派遣従業員が街を去り、残ったのは空室だらけのアパート群。

アパートの需要に対して供給過多となり、家賃の価格競争が始まります。

家賃4万円台だった物件も「家賃1000円・管理費3700円」まで下落

企業の撤退により、投げ貸し状態となっても空室が残る結果となってしまいました。

まとめ

この記事では「日本一家賃が安い町、大分県杵築市の家賃が安い理由」を紹介しました。

当記事のまとめです。

大分県杵築市の家賃が安い理由 まとめ
  • 今から約40年前に、地方創生プロジェクト「テクノポリス構想」が杵築市で始まる。東芝、ソニー、キャノンなどの大企業の誘致に成功する。
  • キャノンの工場進出を見込んで、従業員用に大量のアパートが建てられる。当初は計画通りにアパートは満室となり、経済が活性化して潤いを見せる。
  • 2008年のリーマンショックがきっかけで、全従業員の1割(約1200人)に当たる大規模な派遣切りが行われる
  • 大勢の派遣従業員が町からいなくなり、派遣従業員が住んでいたアパートは空室だらけとなってしまう
  • アパートの需要に対して供給過多となり、価格競争が起こって家賃相場が暴落した

「なんで杵築市ってこんなに家賃が安いの?」「杵築市の家賃が安いのは、何か理由があるの?」という方の参考になれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
杵築市
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました