PR

【実体験】ロンドン治験に参加して分かったメリット・デメリット3選【リッチモンドファーマコロジー】

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
  • ロンドン治験は報酬が高額だけど、実際に参加してみて大変だったことは?
  • ロンドン治験に興味があるけど、メリットだけでなくデメリットがあれば教えて欲しい
リョウ
リョウ

こんにちは。リョウ(@ryou_inkyo)です。

2023年のロンドン治験に参加しました。

「ロンドン治験は報酬が高額だから参加してみたいけど、海外だし何かあったらどうしよう…」と、不安を感じていませんか?

私も以前は、「高額な報酬は魅力だけど、海外だと何があるか分からないしな…」と、二の足を踏んでいました。

2023年のロンドン治験に実際に参加してみて、日本の治験と比べて良いところ・大変なところが分かりました。

そこで今回は、「ロンドン治験に参加して分かったメリット・デメリット」を紹介します。

この記事を読めば、「ロンドン治験ならではの利点」「想定されるリスク」が分かるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ロンドン治験に興味がある方はリッチモンドファーマコロジーへ紹介しますので、下記のお問い合わせフォームから

  • お名前(ローマ字)
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらを記載の上、ご連絡ください。

私を仲介してボランティア登録して頂いた方には、ロンドン治験に関する質問を個別で受け付けております。

お問い合わせフォームはこちら

スポンサーリンク

ロンドン治験に参加して分かったメリット・デメリット3選

メリット

日本の治験と比べて、治験協力費が高額

ロンドン治験の一番のメリットは、なんといっても治験協力費が高額なことです。

日本国内の治験だと20万円~30万円ほどの案件が多いのですが、ロンドン治験の場合は40万~100万円オーバーのものまであります。

私が今回参加した治験は通院期間を含めて約半年ほどの長期の案件ですが、そのぶん協力費も高額となっています。

ロンドンまで渡航が必要だったり色々と参加条件はありますが、短期で大きく稼ぎたい人にはおすすめです。

リョウ
リョウ

ロンドン治験は日本と比べて治験協力費が高額です。

私は治験で生活費を稼ぎながら、ブログなど副業を伸ばして自立できるまでのつなぎとして使っています。

ロンドン治験は休薬期間が3か月で、比較的短い

ロンドン治験は日本と比べて、休薬期間が短いのも大きなメリットと言えます。

休薬期間が短いと治験に参加できる回数が増えるので、より短期間で稼ぎやすくなるからです。

日本国内の治験だと休薬期間は4か月のところが多いのですが、ロンドン治験の場合は3か月と短く設定されています。

休薬期間が短いほうが条件のいい案件を探しやすくなるので、3か月で休薬期間が終わるところはロンドン治験の優れた特徴です。

リョウ
リョウ

休薬期間が短いと治験に参加できる回数が増えるので、そのぶん協力費を稼ぎやすくなります。

ロンドンまでの渡航費は全額補償なので、タダでイギリス観光できる

ロンドン治験は仮に事前健診で落ちてしまっても、タダでイギリス観光することができます。

イギリスまでの航空券の費用や現地の宿泊代は、治験の施設が全額補償してくれるからです。

私と同じ宿にいた事前健診で落ちてしまった人は、「1週間、タダでイギリス観光できたと思うことにします」と、笑って言っていました。

治験目的じゃなくてもタダでイギリス観光できるのは、海外旅行が好きな人にとっては大きなメリットです。

リョウ
リョウ

日本からロンドンまで往復チケット20万円+事前健診の1週間分の宿泊費がタダになると思えば、治験に落ちても得した気分になりますね。

デメリット

英語が話せないと、トラブルが起きたとき問題解決に苦労する

私は英語がほとんど話せないので、日常生活で不便を感じることがあります。

イギリスは英語圏なので、英語が話せないとコミュニケーションをとることができないからです。

英語が話せないと不便に感じる瞬間
  • スーパーのレジでエラーが出たとき
  • 予約したホテルにチェックインするとき
  • 電車を乗り間違えて正しい路線を人に聞くとき

特に何かしらのトラブルが発生したとき、言葉が分からないと問題解決に苦労します。

日本語だったら簡単に対応できるのに、英語が話せないとこちらの意図をうまく伝えることができません。

私が実際体験したのは、予約したホテルから存在しない住所を指定されたことです。

とりあえず指定された住所の近くまで行ったのですが、現地の人に聞いても場所が分からず、途方に暮れました。

日本語の文章をGoogle翻訳にかけて、Booking.comからメッセージを送ったら車で迎えにきてくれたので、なんとかチェックインすることができました。

こうした予想外のトラブルが起きたときに、英語が話さないと大変な思いをすることになります。

リョウ
リョウ

普通に生活する分には英語が話せなくても大丈夫ですが、なにかトラブルが起きたときに言葉が通じないと苦労します。

事前健診や通院期間に、泊まるところを自分で探すのが大変

個人的に一番大変だと思ったのが、自分で泊まるところを探さなければいけないことです。

事前健診のときは1泊50ポンドまで補償されますが、通院期間中は生活費として1か月1000ポンドまとめて支給されて、その範囲内でやりくりする必要があります。

食費や交通費込みで1000ポンドだと、宿泊費は1泊30ポンド以内に収めないと赤字になってしまいます。

大手宿泊サイトのBooking.comだと、ビジネスホテルは安いところでも50ポンド以上はするので、ドミトリーしか選択肢はないです。

日本語対応のコミュニティサイトのMixBや、長期で泊まれる日本人宿なら予算内に収まりますが、タイミング良く部屋が見つかるとも限りません。

私は事前健診のときにお世話になった日本人宿にお願いしようと思っていたら、宿のオーナーが日本に一時帰国するタイミングとかぶってしまい、ドミトリーに泊まるハメになりました。

いまは治験会社と提携している日本人宿に偶然空きがあったので、そちらでお世話になっています。

英語が話せる人ならもっと見つけやすいと思いますが、日本語対応の物件は数少ないので、通院期間中の長期で泊まれる宿探しには苦労することになると思います。

リョウ
リョウ

いい部屋が見つからない限り、ドミトリーを転々とすることになります。
自分で予算に収まる宿を探さないといけないのは、一番大変に感じました。

風邪など体調不良時に、自力で何とかしなければならない

通院期間中にドミトリーに滞在してたときに、同室の宿泊者からコロナウイルスをうつされてしまい、とても苦労しました。

遠い異国の地では誰も頼る人はいないので、体調が悪くてもすべて自分でどうにかしなければならないからです。

日本にいれば家族や友人に頼ることもできますが、ロンドン治験参加中は周囲に知人がいない状況なので、自分で何とかする必要があります。

治験の病院に相談しても、「イギリスでは認可されているコロナウイルスの治療薬が無いんですよ。」と言われ、診察だけしてなにも処方はされませんでした。

イギリスはコロナの治療薬がないため自分の免疫力に頼るしかなく、丸3日間ぐらいひどい咳と倦怠感に苦しみながら、ひたすら寝て直しました。

どれだけ体調が悪くても、自分でスーパーに行って水や食料を買わなければいけなかったのは辛かったです。

ロンドン治験では、ケガや病気になっても自分で対応しなければならないリスクが存在します。

リョウ
リョウ

コロナにかかったとき、「治験スタッフに言えば、なにかしら薬をもらえるだろう。」と思っていたので、なにも処方されなかったのはびっくりしました。
感染拡大防止のため、個室の宿泊先をすぐに手配してくれたのはとても助かりました。

まとめ

この記事では、「ロンドン治験に参加して分かったメリット・デメリット」を紹介しました。

当記事のまとめです。

まとめ

ロンドン治験のメリット

  • 日本と比べて治験協力費が高額なため、短期間で大きく稼ぐことができる
  • ロンドン治験は休薬期間が3か月と短いので、短いサイクルで次の治験に参加することができる
  • ロンドンまでの航空券+現地の宿泊費は治験会社が負担してくれるため、事前健診で落ちてもタダでイギリス観光することができる

ロンドン治験のデメリット

  • 何かしらのトラブルに巻き込まれたときに、英語が話せないと問題解決に苦労する
  • 事前健診や通院期間中など、補償額の範囲内に収まる宿泊先を自分で探す必要がある
  • 風邪をひいたり体調不良になっても、頼れる人がいないためすべて自分で何とかしなければならない

「ロンドン治験は報酬が高額だけど、実際に参加してみて大変だったことは?」

「ロンドン治験に興味はあるけど、メリットだけでなくデメリットも教えて欲しい」

そんな方の参考になれば幸いです。

ロンドン治験に興味がある方はリッチモンドファーマコロジーへ紹介しますので、下記のお問い合わせフォームから

  • お名前(ローマ字)
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらを記載の上、ご連絡ください。

私を仲介してボランティア登録して頂いた方には、ロンドン治験に関する質問を個別で受け付けております。

お問い合わせフォームはこちら

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
ロンドン治験
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました