PR

ロンドン治験に参加するときに気をつけること・注意事項5選【リッチモンドファーマコロジー】

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
  • ロンドン治験に参加するとき、気をつけることは?
  • 海外の治験はちょっと不安。どんなリスクがある?
リョウ
リョウ

こんにちは。リョウ(@ryou_inkyo)です。

2023年のロンドン治験に参加しました。

「ロンドン治験に興味があるけど、海外の治験で何があるか分からないし、ちょっと心配だな…」と、悩んでいませんか?

私も日本国内の治験には何度か参加したことはあったのですが、海外の治験は初めてで不安を感じていました。

2023年のロンドン治験に参加してみたところ、ロンドン治験における「気をつけたほうがいいこと」「注意すべきこと」が分かりました。

そこで今回は、「ロンドン治験に参加するときに気をつけること・注意事項5選」を紹介します。

この記事を読めば、ロンドン治験で気をつけることが分かり、想定されるリスクを回避できるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ロンドン治験に興味がある方はリッチモンドファーマコロジーへ紹介しますので、下記のお問い合わせフォームから

  • お名前(ローマ字)
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらを記載の上、ご連絡ください。

私を仲介してボランティア登録して頂いた方には、ロンドン治験に関する質問を個別で受け付けております。

お問い合わせフォームはこちら

スポンサーリンク

ロンドン治験に参加するときに気をつけること・注意事項5選

日頃から防犯意識を持つ

ロンドン滞在中は、常に防犯意識を持つようにしています。

イギリスは同じ先進国とはいえ、日本と比べたら治安があまり良くないからです。

北側・西側は比較的安全なエリアですが、南側・東側は特に注意が必要です。

治験に参加するとリッチモンドファーマコロジーから送られてくる、「ロンドン生活情報」より

私が実践している防犯対策は、以下の通りです。

海外滞在中の防犯対策
  • 夜間の外出は控える(暴行、窃盗)
  • 荷物は肌身離さず持つ(置き引き)
  • ドミトリーの荷物入れは南京錠を使う(盗難)

海外にいる間は常に防犯意識を持って、犯罪による被害を未然に防ぎましょう。

リョウ
リョウ

日本と同じ感覚がいると、思わぬところで犯罪に遭う可能性があります。
海外に不慣れな人は、在英国大使館が発行している「安全の手引き~安全な英国滞在のために~」を見ておくことをおすすめします。

経費の領収書は確実に入手する

ロンドン治験に参加するときは、交通費・宿泊費などで使った経費の領収書は確実に入手しましょう。

治験施設に提出する有効な領収書がないと、ロンドン渡航・滞在で使った経費がもらえなくなるからです。

もし領収書を紛失してしまった場合、交通費・宿泊費合わせて数十万円は自腹で支払うことになります。

経費の補償をもらうために有効な領収書は、以下の記載があるものです。

ロンドン治験で経費申告に必要な領収書の内容
  • 航空会社の名前(航空チケット)
  • ホテルの名前と住所(宿泊費)
  • 利用者名
  • 利用日
  • 金額
  • 支払い済みの記載

メールで送られてくる領収書は紛失防止のため、Googleドライブなどクラウド上に保存しましょう。

経費の申告ができないと補償が受けられず、かえって損をしてしまいます。

ロンドン治験に参加するなら、優先して有効な領収書を確保するのが大事です。

リョウ
リョウ

ロンドンまでの往復チケット+現地での宿泊費を合わせると、軽く40~50万いきます。
補償を受けるために必要な領収書は、必ず入手しましょう。

参加する治験の制約事項は厳守する

ロンドン治験に参加するなら、制約事項には必ず目を通して厳守してください。

制約事項を破ってしまうと治験中止となり、規約違反で経費の補償が受けられなくなります。

「制限事項不履行または自発的な参加辞退だと」経費の払い戻しも治験協力費も無くなる

制約事項は治験によって異なりますが、参考例として以下のようなものがあります。

治験の制約事項について。参考例
  • アルコール類の摂取…お酒全般
  • カフェイン類の摂取…お茶、コーヒー、チョコレートなど
  • 激しい運動をする…筋トレ、重い荷物を持つ、長時間の歩行など

他にもいくつかありますが、「アルコール」「カフェイン」「激しい運動」は、私がこれまで参加してきた治験でも禁止されていました。

無事に治験を終えて協力費を受け取るために、制約事項はしっかり守りましょう。

リョウ
リョウ

どの治験でも共通することですが、制約事項を守らないと正確なデータが取れなくなり、治験中止となります。
自分が参加する治験にはどのような制約事項があるのか、優先して確認することが大切です。

治験が終わるまで日本に帰国できない

参加した治験のすべての日程が終了するまで、日本に帰国することはできないと考えたほうがいいです。

もし何かしら用事ができて自己都合で参加辞退する場合、帰りの交通費は自腹になってしまうからです。

出典:リッチモンド・ファーマコロジー よくある質問-治験参加についてより

治験を途中辞退する原因となりそうなものを、いくつかピックアップしてみました。

治験を途中辞退する原因となりそうなもの
  • 仕事の都合
  • 身内の不幸
  • ロンドンでの生活が合わない

日本からロンドンまでの交通費は、片道でも10万円近くします。

自己都合による辞退を防ぐために、治験終了まで確実に参加できるようにすることが重要です。

リョウ
リョウ

ロンドン治験は参加日程を予定を空けておく準備と、何があっても最後まで参加する覚悟が必要です。

ロンドン渡航・滞在中にやることは、すべて自分でやる必要がある

ロンドン渡航や滞在中にやることは、すべて自分でやる必要があります。

金銭的な補償以外、治験施設からのサポートはほとんどないからです。

たとえば、航空券の手配や宿泊施設の予約、治験施設までの移動など。

私がロンドン治験に参加する前は、空港に着いたら

「遠路はるばるご苦労様でした。ここからは弊社が予約したホテルまでスタッフが案内させていただきます。」

こんな感じで、治験スタッフがサポートしてくれるものだと思っていました。

しかし、現地での生活について治験施設がやってくれることは一切ないです。

分からないことは全部自分で調べて、どうにかしなければなりません。

海外に慣れていない人だと、分からないことだらけで苦労すると思います。

自分で電車やバスの乗り方を調べて時間通りに通院したり、予算に収まる宿泊先を探して予約するなど。

海外での生活に自信がある人以外は、控えたほうがいいかもしれません。

リョウ
リョウ

ロンドン治験は長期の案件が多く、数か月滞在することになります。
長期で海外にいることが不安な人は、日本の治験を受けることをおすすめします。

まとめ

この記事では、「ロンドン治験に参加するときに気をつけること・注意事項5選」を紹介しました。

当記事のまとめです。

まとめ
  • イギリスは日本と比べると治安は良くないので、夜間の外出は控えるなど、日頃から防犯意識を持つ
  • 交通費・宿泊費などの補償を受けるために、治験施設に提出する有効な領収書を確実に入手する
  • 治験の制約事項を破ってしまうと、治験中止となり補償も無くなる。どんな制約事項があるのか確認して厳守する
  • 自己都合で辞退する場合、帰りの交通費は自腹となる。基本的に治験終了まで日本に帰国はできないと考える
  • 金銭的な補償以外に、生活面で治験施設からのサポートはない。ロンドン渡航・滞在中にやるべきことはすべて自分でやらなければならない

「ロンドン治験に参加する際、気をつけることは?」

「海外の治験はちょっと不安。どんなリスクがある?」

そんな方の参考になれば幸いです。

ロンドン治験に興味がある方はリッチモンドファーマコロジーへ紹介しますので、下記のお問い合わせフォームから

  • お名前(ローマ字)
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらを記載の上、ご連絡ください。

私を仲介してボランティア登録して頂いた方には、ロンドン治験に関する質問を個別で受け付けております。

お問い合わせフォームはこちら

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
ロンドン治験
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました