PR

【ロンドン治験】日本出国前にやるべきこと5選。備えあれば患いなし【リッチモンドファーマコロジー】

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
  • ロンドン治験に参加するとき、どんな準備をすればいいだろう?
  • 日本出国前に、やっておいたほうがいいことがあったら教えて欲しい
リョウ
リョウ

こんにちは。リョウ(@ryou_inkyo)です。

2023年のロンドン治験に参加しました。

「ロンドン治験に参加が決まったけど、日本にいるうちにやっておいたほうがいいことってあるかな?」と、悩んでいませんか?

私は今回が初参加だったので、「ネットで色々調べて用意はしたけど、なにか忘れてそう…」と、不安を感じていました。

実際に参加してみて、「事前にやっておいて良かったこと」「やっておけばよかったと後悔したこと」が、分かりました。

そこで今回は、「ロンドン治験に参加する際、出国前にやるべきこと5選」を紹介します。

この記事を読めば、「ロンドン治験に参加する際、役に立つ情報が分かる」ので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ロンドン治験に興味がある方はリッチモンドファーマコロジーへ紹介しますので、下記のお問い合わせフォームから

  • お名前(ローマ字)
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらを記載の上、ご連絡ください。

私を仲介してボランティア登録して頂いた方には、ロンドン治験に関する質問を個別で受け付けております。

お問い合わせフォームはこちら

スポンサーリンク

ロンドン治験に参加する際、出国前にやるべきこと5選

電気ガス水道の一時停止

ロンドン治験は長期の案件がとても多いので、3か月以上になれば一時停止することをおすすめします。

光熱費は使用しなくても基本料金が発生するので、無駄な支出となってしまうからです。

  • 電気…30A 858円
  • ガス…都市ガス 900円~1000円、プロパンガス 1600円~2100円
  • 水道…20㎜ 1170円

治験期間が1~2か月なら、一時停止と再開する手間を考えると払ってしまってもいいと思います。

しかし、3か月以上ともなるとそれなりの出費になるので、契約会社に連絡する手間を考えても一時停止したほうがいいでしょう。

私は治験期間が約5か月と長期だったため、出国前に電気の一時停止しました。(ガスは未契約、水道はアパートの家賃に含まれている)

リョウ
リョウ

電気・ガス・水道は使わなくても基本料金が発生します。
長期になればなるほど基本料金が無駄な支出となってしまうため、契約会社に連絡して一時停止したほうがいいです。

ロンドン渡航用の荷物の準備

ロンドン渡航用の荷物は、余裕を持って準備しておきましょう。

取得に時間がかかるものがあるのと、国内と違って海外だと必要な準備物も変わってくるからです。

特に下記の物は重要度が高いので、優先して用意することをおすすめします。

優先して用意したほうがいいもの
  • パスポートとパスポートのコピー
  • BFタイプの変換プラグ(イギリスのコンセントの規格)
  • コロナウイルスの接種証明書(3回分)
  • 海外旅行保険が付帯されたクレジットカード
  • イギリスで使えるプリペイドSIM+SIMフリースマホ

私が実際に持って行った持ち物リストは別の記事でまとめてあるので、良かったら参考にしてみてください。

リョウ
リョウ

イギリスはトイレにウォシュレットがついてないので、旅行用の携帯ウォシュレットを用意しておくことをおすすめします。(私は忘れて後悔しました…)

Wise口座とデビットカードの作成

ロンドン渡航前に「Wise」の口座を作っておくことをおすすめします。

治験の協力費を受け取るのに、日本の銀行口座だと受取手数料がかかってしまうからです。

私がメインで使っている楽天銀行では、外貨送金の受け取りに2450円かかります。

ロンドン治験の協力費は現地の通貨(ポンド)で、一度に全額ではなく複数回に分けて振り込まれるため、そのたびに受取手数料がかかっていたら大損です。

その点、Wiseなら海外からの送金を外貨のまま手数料無料で受け取ることができます。

口座作成と併せてデビットカードも作っておくと、現金を引き出すのにも使えるのでおすすめです。

リョウ
リョウ

私はWiseの口座だけ作ってデビットカードを作り忘れてしまったので、現地通貨が降ろせず苦労しました。
これからロンドン治験に参加する方は、忘れずにWiseのデビットカードも作っておきましょう。

航空会社のマイレージクラブの登録

ロンドン渡航のチケットを予約する前に、利用する航空会社のマイレージクラブ会員になっておきましょう。

特典航空券などに交換できる、「マイル」を貯めることができるからです。

私がロンドン渡航に使った「チャイナエアライン」は、スカイチームというマイレージプログラムの提携航空会社で、スカイマイルを約7000ほど貯めることができました。

デルタ航空のスカイマイル会員ページ
日本→ロンドン片道だけで7442マイルを獲得できた

スカイマイルの場合、15000ほどあれば韓国の往復チケットと交換できるようです。

チケット予約前にマイレージクラブ会員になっておけば、お得にマイルを貯めることができます。

リョウ
リョウ

「マイレージクラブ会員」はスーパーの「ポイント会員」と同じようなものです。
「マイル=ポイント」を貯めると、お得な特典航空券などに交換することができます。

入国方法(Eゲート)と、公共交通機関の乗り方を調べる

ロンドンについてから慌てないように、出国前に「Eゲートの使い方」「公共交通機関の乗り方」は調べておいたほうがいいです。

イギリスは自動化ゲートと呼ばれる「Eゲート」を使えば簡単に入国できますが、Eゲートを使わないと厳しい入国審査に遭います。

到着ゲートの案内板に従ってEゲートを使えば、厳しい入国審査をパスして入国できる

電車・バスの乗り方も日本とは異なるので、事前に調べておくとスムーズに移動できます。

公共交通機関は「オイスターカード」というイギリス版Suicaを作れば、切符を買わずにタッチ決済できるようになります。

イギリス版Suicaのオイスターカード。電車・バスにタッチ決済で乗車できる

電車やバスの時刻表や乗り換えについては、海外で使える交通アプリ「citymapper」がおすすめです。

citymapperは日本の乗換案内みたいなもので、出発地と目的地を入力すればルートが簡単に分かります。

citymapperで出発地と目的地を入力すれば、どのルートで行けばいいのか簡単に分かる

ロンドンへ渡航する前に、入国するときに使うEゲートの使い方と、公共交通機関の乗り方を調べておきましょう。

リョウ
リョウ

英語が話せない人が、イギリスの厳しい入国審査を切り抜けるのはかなり大変です。
入国審査をパスして簡単に入国できる「Eゲート」を活用しましょう。

まとめ

この記事では、「ロンドン治験に参加する際、出国前にやるべきこと選」を紹介しました。

当記事のまとめです。

まとめ
  • ロンドン治験は長期の案件が多い。光熱費の基本料金が無駄になってしまうので、治験期間が3か月以上なら電気ガス水道の一時停止をする
  • 海外の治験は日本とは必要なものが変わってくる。パスポートなど取得に時間がかかるものがあるため、ロンドン渡航用の荷物の準備は早めにしておく
  • 海外からの送金を外貨のまま手数料無料で受け取れるWise口座と、現金を引き出すときに使うWiseデビットカードを作成する
  • ロンドンまでのチケットを予約する前に、利用予定の航空会社のマイレージクラブ会員に登録してマイルを貯める
  • イギリス入国するときに使うEゲートの使い方と、現地での公共交通機関の乗り方を調べておく。交通アプリの「citymapper」を使えば、目的地までのルートが簡単に分かる

「ロンドン治験に参加するとき、どんな準備をすればいいだろう?」

「日本出国前に、やっておいたほうがいいことがあったら教えて欲しい」

そんな方の参考になれば幸いです。

ロンドン治験に興味がある方はリッチモンドファーマコロジーへ紹介しますので、下記のお問い合わせフォームから

  • お名前(ローマ字)
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらを記載の上、ご連絡ください。

私を仲介してボランティア登録して頂いた方には、ロンドン治験に関する質問を個別で受け付けております。

お問い合わせフォームはこちら

プロフィール
この記事を書いた人
隠居人リョウ

月の生活費5万円以下で暮らすミニマリスト。

セミリタイアの聖地「大分県杵築市」にある、家賃1万円アパートで隠居生活中。

世の中に生きづらさを抱えた人が、少ないモノとお金でラクに生きる方法を発信します。

座右の銘は「知足者富」。

隠居人リョウをフォローする
ロンドン治験
スポンサーリンク
隠居人リョウをフォローする
月5万円で杵築市セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました